読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレイグーの制作日記

フィギュアの制作日記です!よろしくねがいします。

作業出来ないから、つらつらと。

さて、大型連休に入りましたね!
連休がっつり作業するぞ!って方も多いでしょうが、自分はそのヒマが作れない〜〜ってことでまた悶々と考え事でもしながら紛らわすことにしました。

表題で考察なんて書いてますが、テキトーに。

まずは版権モノとオリジナルモノのについてとか、たまにTwitterなんかで話されてたりするんですけどその辺りでも。

アニメやら漫画やらゲームやら既存のキャラクターを立体にしてイベントで販売したりする〜ってのが版権モノなのかなと。
フィギュアの大半は版権モノって言えるので、一番ポピュラーなんですけどね。

作るにあたって悩みどころは、絵にない部分とかをどう作るか…ってことだったりします。
あと、どこまで自分風味を盛り込むかー?とか。
まぁ自分風味とかアマチュアイベント原型の話ですけど、商業フィギュアとかはいかに元キャラクターに忠実な立体ぽくするかが大事だし、商業とアマチュア原型は同じようで違うのかもなぁって思ったりしてます。

自分なんて、なるべく忠実に作ろうとしてはいるんですけど中々…難しい!
元来大雑把な性格なので、のびのびと…なんだか分からないモノ…になりかけたり。
イベント原型なんで、楽しく作れてれば良いっちゃいいけどさ。

と、書いてるうちに分けわらん感じになってきてますね。

フィギュアのオリジナルモノについて、
こっちはイベントに縛られずいつでと販売することができる代わりに…色々なことを自分でしなければいけないという修羅の道…ってイメージ。

版権モノって、すでにみんな知ってるモノを作るんでストーリーとか世界観があるので説得力があるんですよね。

オリジナルモノはその辺も色々考えて〜〜なんて。
多分、どんなヤツでなんなのかくらいでもいいのかもしれない。
例えば、悪魔っ子でエスっ気がある巨乳の姉ちゃんくらいでも十分といえば十分だし。
これを魅了的にするための、造形力と勢いはそれなりに必要かな。

それよりも問題はオリジナルモノって、本当に自己判断で作るのでいつまでも仕上がらない!

何個のオリジナルが闇に葬られたことか…

オリジナルモノの発表の場はイベントのみというより、どっか小規模のギャラリーなり借りてグループ展的にやるのも楽しそうとか思いますね。

あとは、なんか分からんアートコンペにでも出すとかもありかもしれません。
フィギュアってよりアート?としての立体物として。
とはいえ、アートとなると〜〜門外漢過ぎて痛い結果になるとは思いますけど。

売れる売れないは別に小さくオリジナルモノを集めて展示する案はやってみたいっすね〜〜、オリジナル…ほとんど作ってない!

と、まとまる様子もなくここで終了!

なんでこんなこと書いてるかというのも、今回作ってるのがイラストからは外れた感じになってるからってのもあるんですよね。

いっそオリジナルモノ作った方が良いんでは?とかね。
冬はとにかく作り切る!のが目標です。